歳さんを訪ねて
a0086852_248406.jpg函館到着の翌日はご覧の通りの快晴(^^) ウィーンに住んでいた頃からずっと訪れたい・・・と願っていた祖母のお墓参りにようやく来ることが出来ました。本当はもっと早くに訪れる事が出来ればよかったのですが、こうして快晴の空の下、主人と一緒に祖母のお墓に来れて良かったです。





a0086852_2492615.jpgお墓参りの後は、従兄弟夫妻に函館を案内してもらいました。函館といえば新撰組最期の地。司馬遼太郎の小説「燃えよ剣」を読んでからというもの、函館に行ったら新撰組に関する史跡を巡りたいと思っていました。こちらは総合福祉センターの前にある「土方歳三最後の地碑」。遺影と位牌が置かれています。ここは土方歳三が、新政府軍の攻撃で孤立した隊士達を助けに向かう途中に一本木関門で戦死した場所です。

a0086852_249445.jpg
こちらの門が一本木関門。当時、この門がちょうど函館市街の入り口だったとか。土方歳三はここで一発の銃弾によって命を絶たれたそうです。

a0086852_2495919.jpg
その後は函館政府軍の本営であった五稜郭へ。2006年4月1日にオープンした新しくなった五稜郭タワーは、高さ107mと旧タワー(60m)を遥かに凌ぐ高さ。塔体の断面も星型になっているなど、タワー自体も五稜郭らしさにこだわっています。

a0086852_2503338.jpgタワーの上からは五稜郭の星型の城郭の眺めが素敵です(^^) 展望台は360度のパノラマなので、五稜郭はもちろん函館山や津軽海峡なども見ることができます。
実は私、五稜郭のすぐ近くの五稜郭病院で生まれました。もちろん当時の記憶などはありませんが何だか特別な場所に感じてしまいます(^^ゞ

★人気blogランキング★
クリックすると応援されます。
いつも応援ありがとうございます(^^)ノ
[PR]
by koniku_japan | 2008-01-12 03:37 | - お出かけ
<< お引越し 映画あれこれ >>